印刷をする際に作る余白

印刷の余白を意識する

トップ / 印刷をする際に作る余白

インターネット印刷の情報

印刷の余白はTPOで考える 

印刷の余白を意識することはありますか?これ実は時と場合によって使い分ける必要性があるんです。自分で使う分には何の問題もないわけです。例えば全面印刷を使えばまるで写真のプリントのようなものが作れますし、写真の一部をプリントして点描画のように貼りあわせていくことでポスターの制作もできます。しかしながら、ビジネスの場においてその場にマッチしていない余白の文書を使うと意外と恥ずかしい思いをします。普通題名とか日付製作者などの記述方法は気をつけたりしますけども、意識してその場に合わせて制作したいものですね。

印刷をする場合の余白の取り方 

文書の印刷をする場合には、余白を意識しないと、保管したりする場合に非常に面倒な思いをしてしまうため、その内容や用途に応じて十分意識をすることが必要です。例えば、重要な文書の場合には、これを綴じて保管するということを意識しましょう。すると印刷をする際、綴じしろの部分を余分に取っておかなければ穴をあけて綴じることができません。このように、余白を意識することで、文書一つにしてもその気配りの有無が現れます。これはビジネスをはじめとする人付き合いの中では非常に大切なことなのです。このような気配りが出来る人であれば、仕事のパートナーにしたいと誰もが思うことでしょう。

印刷メリット