印刷とカラーバランス

印刷インクの注意

トップ / 印刷とカラーバランス

インターネット印刷の情報

印刷の「墨」:スミベタ 

印刷業界で「墨」と言えば「黒色」を意味します。黒を出す方法としては、スミベタ・リッチブラック・4色ブラックと呼ばれるがあります。それらには用途によって、利点や注意しなければならない特徴があります。スミベタは、CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)のカラーバランスのKの割合が100%の黒を意味します。リッチブラックは、4色の割合を調整して作り出した黒を意味します。4色ブラックは、全てのカラーバランスを100%で作り出した黒を意味します。これらは画面上では同じ濃さの黒ですが、印刷してみると広範囲の着色に向いているもの、そうでないものなどの違いがよくわかります。

印刷時の墨についての注意点 

印刷する際にあたって一番基本となる色は墨と言っても過言ではありません。いわゆる黒色ですがインクの種類によっては黒々としたものや濃灰色に近いものもあります。また業者や時期、ロットなどによって濃淡が異なってくる場合もあるので、全く同じものを再度刷ろうと思った場合は色の校正をした方がいいでしょう。また墨は透明度のあるインクなので、色のついた紙ですとの地の色を通して刷り上ったものが真っ黒ではなく見える場合もあります。透明度が無いマットインクなどもありますので、しっかりした黒色を希望する場合は印刷業者に相談するとよいでしょう。

印刷メリット